ハサミによる切除の場合

治療法と保険〜ハサミによる切除の場合〜

良性の首いぼの場合、心身に害を及ぼす怪我・病気に当てはまるかどうかが難しいところですね。
絶対に取らなければいけないというものでもないので、保険適用外に相当するもののような気もします。

 

首いぼの治療が保険適用なのか、それもと適用外なのかを判断するためのポイントとなるのが実は「治療法」なんです。
治療方法によって保険が適用されるかどうかが左右されます。それでは各治療法と、対象となる首いぼの種類をまとめてみたので参考にしてみて下さい。

 

自分の首いぼの種類を判断するには2ページ目の『自分の首いぼはどれだろう?〜首いぼの種類〜』を参考にして下さい。

 

 

●医療用ハサミによる切除(保険適用) 
ハサミでいぼの根元を切って取り除く方法です。首いぼ治療では一番原始的なやり方ですね。

 

【やり方】
ハサミでいぼの根元を切り、化膿止めの軟膏を塗り、絆創膏でガードして終わりです。化膿止めの飲み薬が処方される場合があります。
小さいモノなら1回で取り除くことができます。

 

【対象となるいぼ】
直径5mm以下の突起したいぼ。スキンタッグやちょっと突起しているアクロコルドンなどが対象となります。

 

【費用】
一般的な保険3割負担の場合、1000円程度。初診料・再診料・処方箋・薬代などの別途経費は掛かります。
後は、いぼの数によっても費用は変わってきます。多ければ多いほど料金もアップしていきます。